You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相模湖の仙人てっちゃんとビール

いつのまに山が好きになったのか
無職を頼みに平日に高尾山に上りはじめた(初心者)

張り切って今回は高尾山山頂から小仏城山~弁天橋~相模湖、電車で帰るというルートを設定しました。
余裕をみて280分(4時間20分)のコース

土曜日の高尾山ということでかなりの人出を予想しつつも、「なんか今日は登りたい」という気持ちにまかせて
午前11時に高尾山口に立つ

稲荷山コースから登る。
後半人が詰まってきて登りづらくなるものの、75分程度で高尾山登頂。
10分ほど一息ついて、城山方面へ
もみじ台の茶屋を抜け、眺めのいい一丁平、小仏城山へ。
階段状の下りから登りで、初心者の私にはなかなかきつい。とはいえ、独りなのでペースを守って城山で休憩を取る。
茶屋はなかなか盛況でてんこ盛りのかき氷を写真に納める若人達
私はラムネ(200円)を飲みつつ休憩

そこから下り、弁天橋まで約3キロのルートを黙々と下る。
下りきるとそこに「富士見野茶屋」という休憩所があり、休憩するつもりもなかったが
呼び込み(店主&お客さん)に負け席に着き、アイスコーヒー(400円)を頼む
周りの人がビールを飲む中、アイスコーヒーをすすりつつ、話の和の中に入る
山の装備や登山力(?)等々について
弁天橋まで一緒に行こうという話になり、素直に着いて行く。
そこでやっとここでのメンバーがわかる
さいとうさん66歳、ひぐちさん68歳(この2人は連れ)よしださん51歳プラス私
で、弁天橋に向かう途中に仙人の住処があった。。。

テレビで観るような、貧乏人(スミマセン)の住処。辛うじて屋根はあるものの
お風呂はドラム缶。床に干してある梅干。ハンモック。何故か鳴る電話。電源の入っている冷蔵庫。
トイレは河原(?)地面を掘っただけの囲炉裏。大量の鯉のいる池。飲水は湧き水を引いて
そこでは缶ビール400円で飲めるとゆー楽園

最初は思っても見なかったので警戒して(というより登山=ビールが定着しておらず)ビールも飲まず。とりあえず座っているだけ。
そしたら仙人てっちゃん62歳からあゆの甘露煮を振舞ってもらい。喉が乾く。。。
まわりのおじさん達はガンガン飲んでる。
我慢できず一本貰う。超うまい
1パック150円と書いてあるキングサーモンのあらを茹でてくれてそれも食べさせてくれる
超うまいっ

だらだらしゃべり続けて小一時間。
やっと相模湖方面に移動をし始める。
缶ビールを2本飲んでいい気分で歩くと、相模湖駅もすぐでびっくりした。
そして駅前の居酒屋「かどや食堂」でさらに飲む。
そこには他の登山者や地元の人も混ざってわいわい

7時前の電車に乗って帰途に着く。

印象に残っているのは誘ってくれたおじさん達が「これも出会い」と言っていて、また山で会おうと
無理矢理でもなく、かといって引っ張ってくれないわけでもなく。
本当に楽しかったよーーありがとうーーまた会ったら一緒に飲んでねーー


一層山が好きになりました。

今回道連れだった吉田さん
城山でロング缶3本。下った茶屋で1本。仙人宅で2本。居酒屋でジョッキ2杯。足取り変わらず。
つえー




« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。